管理をする必要がない永代供養墓

###Site Name###

高齢者の増加や核家族化によって地方では墓の管理ができない人が多くなってきました。


特に子供たちが独立をして都会に出て行った人や高齢者だけで暮らす人たちは自分の死後のことを大変心配しています。

自分が死んだら誰がこの墓を管理してくれるのだろうか、先祖の供養は誰がするのだろうかと心配している人も多くいます。



そんな悩みをもった人のために寺や霊園では永代供養墓を建立してこれらの悩みの解消を行っています。


永代供養墓のほとんどは大きな永代供養塔を建立してその下に遺骨を安置する納骨堂をもうけたものが主流になっています。



永代供養の申し込みをすることによってその墓の管理と供養を受けることができます。費用はそれを建立した寺や霊園で違うのですが、一般的に30万円から40万円で永代供養を行っているところが多いようです。



また安置する遺骨も申し込んだときに必要な金額でその人の家族のお骨や配偶者のお骨など複数のお骨を安置できるようになっている永代供養墓も存在しています。

昨今は生前から自分が亡くなった時にどうするかを考える人が多くいて、この永代供養墓を生前から予約する人も多くなってきました。

核家族化と終活ブームで永代供養墓を建立する寺や霊園も多く自分が亡くなる前から今まであったお墓の墓じまいを行い、このようなお墓を購入して先祖のお骨を移動する人もいるようになり自分の死後の準備を生前にすます人もだんだんと多くなってきています。