自然葬の魅力について

###Site Name###

自然葬と言いますのは、遺骨もしくは遺灰を海または山などの自然に返して、埋葬する葬式という側面を持っています。遺骨を海または川などに撒くのに加えて、墓石の代理として樹木を植えて墓標と考える樹木葬というやり方もあり、少しずつ定着しつつあります。



こういった自然葬の最も大きい魅力は、墓の保護を要しないということです。



普遍的に墓地では永代供養となっていますが、厳密に言いますと場合によっては、後に別途料金を支払わなければ墓石が撤収されてしまいます。撤収され空いているエリアはふたたび整えられ、また他の方に売られるのです。


そういうことからその後の時代の問題を削るために、生活しているうちにこれまでの墓をなくして、本人は自然葬でという人も現れています。

少子化が進行して墓の確保が子孫の負荷になる以外、墓を管理する子孫自体がいなくなる事が在りうるからです。

それに加えて、自然の環境を破損しないというポイントもあります。

産経ニュースについての総合情報ポータルサイトです。

墓地ではコンクリートなどといった人工の物でエリアを固めてしまいますが、海あるいは川に遺骨を撒く散骨ではもとより墓地を要らないですし、樹木葬なら日数の経過に伴って樹木が成育し、墓地が森に変容していきます。


しかしながらわが国では制度が充分に整備されておらず、賛同を示さない人がいるのも実情です。


当人の葬儀に自然葬を考慮しているケースには、法律に従うだけでなく、前もって親族の賛同を頂くことが重要です。