お墓にとらわれない自然葬という新しいスタイル

###Site Name###

お墓の形も価値観の変化で、徐々に新しいものが生み出されてくるようになりました。それは、必ずしもお墓を持たなければいけないということではなく、死後は自然に帰りたいという思いが強くなってきています。



これは自然葬という形で行われるようになり、自然に溶け込んでいく状態が多くの人たちから共感を呼んでいるのです。

この自然葬の具体的な埋葬方法は、海や空の上から散骨していくものや、それらを土に埋めて樹木を植えていったり樹木の周辺に埋めていくなどがあります。いわゆる自然と一部になる形から総合的に自然葬と呼ばれていますが、埋葬の仕方にとらわれないスタイルが話題となってきました。

Ameba Newsを検索してみてください。

海や空から散骨するには、一部の区域でしか認められていないので、自然葬を行う会社が船や飛行機などを操縦して申し込みを受付けています。

個人でもできますが、だいたい団体で行われることが多く、故人の家族などが散骨していきます。

樹木に埋葬するスタイルは山や一部の墓地で行われ、1本の樹木に合同で埋葬されるケースもありますが、個人的に樹木を1つのお墓として埋葬していくケースも目立ちます。

このような樹木は目印となるものがあるので、いつでもお墓参りをすることが可能で、同時にお寺や霊園側が管理を行っているので安心です。

自然葬はお墓を持つ経済的な負担やその管理の手間も抑えていけるので、故人の思いだけでなく、残された家族にもメリットのある埋葬方法となっています。

神奈川の自然葬情報を参考にしましょう。