新しい供養の形 樹木葬とは

###Site Name###

樹木葬は、墓地、埋葬などに関する法律による許可を得た墓地に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある木を標として故人を弔う方法です。墓地によって、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般墓地と併用する場合があります。

墓碑として用いられる樹木は低木が一般的で、ハナミズキ、百日紅などが挙げられる。

生育できること、生態系に影響与えないことなどが配慮されています。

livedoorニュース情報選びをサポートするサイトです。

遺骨を埋葬するたびに苗木を植えるケースや、墓地の真ん中に樹木を植え、周辺に遺骨を埋葬するケースなどさまざまあります。

東京の樹木葬の情報を調べてみましょう。

散骨との違いは、墓地として許可を得た場所に埋めるのに対して、墓地以外の撒くという違いがあります。

最近は境目が曖昧になっており、散骨ができる樹木葬などもあります。

自然葬の1つで家や宗教に縛られず、ゆっくり眠りたいと思う人の支持を集めています。

一般的に墓地は、土地と墓石を建てる費用がかかりますが樹木葬はかなり格安です。

場所によっては年間管理料が不要な墓地もあります。

樹木葬ができる場所として、自然を生かした里山型の墓地と、霊園内に分けられた公園型の2つに大きく分けられます。里山型の墓地は、自然の中でゆっくり眠ることができて自然と一体化するケースが多いので墓標自体が分かりにくいです。
お参りや掃除が難しいです。

公園型の墓地は施設内に区画を設けたタイプと1つの木の下に合同で眠るタイプがあります。
墓地というより庭園を造り上げているガーデニングタイプもあります。